AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献



  HIV流行の存在が確認されてから30年近くが過ぎましたが、根治薬が近い将来に実用化される目処はなく、生物医学的予防法の開発に前進が見られつつも、リスクの高い行動を抑制することが、唯一の現実的予防方法という状況は今も変わりがありません。そうした難しさのために、HIVの世界的流行は、発展途上国に改善が見られるものの依然憂慮すべきレベルにあり、途上国と先進国それぞれに、新たで困難な局面が生まれつつあります。  
AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース

 そして、流行の波は、すでに東アジアにも及んでおり、わが国の周辺諸国や地域では、HIV流行が進行しています。

 こうした状況に適切に対処し、わが国のHIV流行を抑制していくためには、適切な情報が必要です。しかし、情報化社会と言われながら、国外の情報にしても、国内の情報にしても、必要な情報は必ずしもまとまって存在するわけでも、わかりやすい、あるいは使いやすい形で存在しているわけでもなく、これが、普及啓発にとって重要な阻害要因の1つとなってきたと思われます。

 厚生労働科学研究「高リスク層のHIV感染監視と予防啓発及び内外のHIV関連疫学動向のモニタリングに関する研究」では、そうした状況に鑑み、国連合同エイズ計画共同センター(木原雅子センター長)と共同で、わが国のHIV流行の現状や特徴、今後の展望を検討するのに必要な情報のデータベースを構築し、分析結果を予防啓発の第一線で活動されている人々に提供することを目的として研究を行っています。このデータベースはその中から、わが国のHIV流行の理解と普及啓発に重要と思われる情報をまとめたものです。その意味で、あらゆる情報を網羅しているわけではないため、詳しい情報が必要な方は、本情報サイトの参考文献情報リソースを参照して下さい。

 本情報サイトの内容は、研究が継続する限り、データを更新していくことにしています。本ホームページに搭載されたグラフやデータは、ダウンロード可能ですので、普及啓発にご利用いただければ幸いです。

 

2013年3月15日
高リスク層のHIV感染監視と予防啓発及び内外の
HIV関連疫学動向のモニタリングに関する研究
主任研究者 木原正博

 

1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS