AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

エイズ流行の基礎知識

(3)流行期分類



 

  流行は、理論的に2つの波を描いて広がっていきます(図2)[4]山崎修道、木原正博監訳.エイズパンデミック−世界的流行の構造と予防戦略.学会事務センター、1998(原著:Mann J and Tarantola D. AIDS in the World I#F5FAFEI. Oxford University Press, 1996)[4]。最初は、感染しやすい行為による流行で、リスクの高い行動(無防備な、同性間性行為、金銭を介する性行為、薬物静注)を行う層が流行の中心となります。しかし、その後流行は無防備な異性間性行為を行う層に広がり、より大きく、100年以上にも及ぶ長い流行へと発達していく可能性があります。

  こうした流行の時間的推移は、国連合同エイズ計画(UNAIDS)とWHOによって、3つの流行期に分類されています[5]UNAIDS/WHO Working Group on Global HIV/AIDS and STI surveillance. Guidelines for second generation HIV surveillance. WHO/CDS/CSR/EDC/2000.5, UNAIDS /00.03E, 2000[5]。最初は、低流行期low epidemicで、HIV感染率が、一般人口(妊婦の感染率で代用されます)で1%未満かつ高リスク層で5%未満の場合です。有効な対策が講じられないと、流行は、次に、集中流行期concentrated epidemicに移ります。一般人口1%未満、高リスク層で5% 以上の時期です。そして、最後に流行は広汎流行期generalized epidemicに入りますが、感染率は一般人口で1%以上、かつ高リスク層でも5%以上となります。日本は依然低流行期にありますが、同性間感染を中心とする流行が続いており、集中流行期に近い状態にあると考えられます。


[4]山崎修道、木原正博監訳.エイズパンデミック−世界的流行の構造と予防戦略.学会事務センター、1998(原著:Mann J and Tarantola D. AIDS in the World I#F5FAFEI. Oxford University Press, 1996)[4]山崎修道、木原正博監訳.エイズパンデミック−世界的流行の構造と予防戦略.学会事務センター、1998
     (原著:Mann J and Tarantola D. AIDS in the World I#F5FAFEI. Oxford University Press, 1996)

[5]UNAIDS/WHO Working Group on Global HIV/AIDS and STI surveillance. Guidelines for second generation HIV surveillance. WHO/CDS/CSR/EDC/2000.5, UNAIDS /00.03E, 2000[5]UNAIDS/WHO Working Group on Global HIV/AIDS and STI surveillance. Guidelines for second generation HIV surveillance.
     WHO/CDS/CSR/EDC/2000.5, UNAIDS /00.03E, 2000

 

3-(1).性的ネットワーク 3-(2).性感染症とHIV感染の関係 3-(3).流行期分類
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS