AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

HIV流行の世界的状況

  HIVは、遺伝子の分析から1908年ごろにアフリカで誕生したと考えられており[6]Worobey M et al. Direct evidence of extensive diversity of HIV-1 in Kinshasa by 1960. Nature 2008; 455: 661-4.[6]、この間に一挙に世界的流行(パンデミック)に発達しました。UNAIDSの推計では、2011年末時点で3400万人の患者・感染者(うち女性50%)が生存し、1990年からの生存感染者数の増加は4倍以上にもなります。そして、2011年1年間の新規感染は250万人、死亡者数は170万人と推定されています[7]UNAIDS World AIDS day report2011[7]。死亡数の面では、エイズは、マラリア、結核を抜く最大の感染症となっています[8]WHO. The top ten causes of death. Fact sheet No.310/November 2008[8]。

 図3. HIVと共に生きている人々の2011年末時点での世界的分布状況


 


  図3は、2011年末現在の、HIV感染者(AIDS患者を含む)の地域分布と、2001年からの増加率(括弧内)を示したものです。約3分の2が、サハラ以南アフリカに集中しています。次が、南・東南アジアで400万人となっています。増加率で見ると、東アジアが113%と最大となっています。つまり、東アジアは、現在、世界で最も新規感染増加の勢いが強い地域の1つなのです。



[6]Worobey M et al. Direct evidence of extensive diversity of HIV-1 in Kinshasa by 1960. Nature 2008; 455: 661-4.[6]Worobey M et al. Direct evidence of extensive diversity of HIV-1 in Kinshasa by 1960. Nature 2008; 455: 661-4.

[7]UNAIDS World AIDS day report2011[7]UNAIDS World AIDS day report 2012
[8]WHO. The top ten causes of death. Fact sheet No.310/November 2008[8]WHO. The top ten causes of death. Fact sheet No.310/November 2008

 

<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS