AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

周辺国・地域におけるHIV流行の現状

(1)中国

 図5. 中国の新規HIV/AIDS報告例の感染経路別割合の年次推移


 

  中国で2011年に報告されたHIV感染者とAIDS患者は、48,249人、27,695人で(左図)、潜在している感染者を含めた推計感染者数は、78万人に上ると推定されています[9]中?人民共和国?生部?合国艾滋病規?署. 2011年中国艾滋病疫情估計[9]。
これまでは、薬物静注や血液の売買に伴う感染者が中心でしたが、最近では、異性間感染や同性間感染が増加し、それに伴って女性の割合が増加しつつあります(図5)。



 中国の流行は他の国に比べて異なる特徴があります。それは、HIV流行は、一般には都会から始まるのに対し、中国では、東南アジア諸国と国境を接する辺境地域から始まったことです。このため、中国のHIV流行は、現在中国内部を北や東に向かって進んでおり、その様子は、HIVの遺伝子のタイプを調べた研究からも裏付けられています(図6)[10]Sun X et al. The development of HIV/AIDS surveillance in China. AIDS 2007, 21 (suppl 8):S33-S38[10]。こうした動向のために、やがて、東シナ海沿岸部に流行が及ぶことが危惧されますが、それが最初に現実となったのが、台湾での流行勃発です。

 


[9]中?人民共和国?生部?合国艾滋病??署. 2011年中国艾滋病疫情估?工作?告[9]中?人民共和国?生部?合国艾滋病規?署. 2011年中国艾滋病疫情估計
[10]Sun X et al. The development of HIV/AIDS surveillance in China. AIDS 2007, 21 (suppl 8):S33-S38[10]Sun X et al. The development of HIV/AIDS surveillance in China. AIDS 2007, 21 (suppl 8):S33-S38

 

5-(1).中国 5-(2).台湾 5-(3).香港 5-(4).韓国
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS