AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

欧米におけるHIV流行の現状

(1)米国

  米国では、2011年に診断されたHIV感染者は46州6準州で推定50,199人、AIDSと診断されたは患者は全州・準州から推定32,561人に上ります[15]http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/index.htm[15]。流行の中心は現在白人からアフリカ系アメリカ人に移行し、それに伴って、異性間感染が増加しつつあります。一方、同性間感染の報告数は1990年代は比較的安定していましたが、21世紀に入って流行が再燃したため、報告数が大きく増加しつつあり、2011年に報告されたHIV感染者の感染経路は、同性間感染(78.2%)、異性間感染(12.1%)、薬物静注(6.0%)となっています。

 米国では、多剤併用療法(HAART療法)の普及でAIDS発症が抑えられるようになったことから、1990年代半ば以降、AIDS患者報告数は大きく減少しました。それに伴って、AIDSに関連する死亡者数も大きく減少しましたが、そのために、AIDSと診断された後も生存する患者数が年々増大し、こうした事情から、2010年時点で生存している推定HIV感染者数(注:AIDS患者を含む)は全米で約130万人(世界で7番目)と推定されています[7]UNAIDS. World AIDS Day Report 2012 [7]。

 



[15]http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/index.htm[15]http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/index.htm
[7]UNAIDS. Global report: UNAIDS report on the global AIDS epidemic 2010. UNAIDS/10.11E[7]UNAIDS. World AIDS Day Report 2012

 

6-(1).米国 6-(2).西ヨーロッパ
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS