AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

日本におけるHIV流行の現状

(1)全体的状況

  2011年のエイズ発生動向年報[17]厚生労働省エイズ動向委員会.エイズ動向委員会報告(http://api-net.jfap.or.jp/htmls/frameset-03-02.html)[17]によれば、これまでに報告されたHIV感染者数とAIDS患者数は2011年末で、それぞれ、13,704人、6,272人になりました。

続きはこちら>>


(2)HIV感染者報告数の動向

  HIV感染者は、21世紀に入ってから同性間感染の報告が急増する一方で、異性間感染の報告数は緩やかに推移しており、2011年の報告数の内訳は、同性間感染が68.4%、異性間感染が19.5%となっています。

続きはこちら>>


(3)AIDS患者報告数の動向

  AIDS患者は一貫して増加が続き、同性間感染が急増しており、2004年に異性間感染と逆転しました。

続きはこちら>>



(4)献血血液のHIV検査陽性率

  献血血液のHIV検査陽性割合は年々増大していましたが、2008年にピーク(10万件当たり、2.11)に達した後減少しつつあります[17]厚生労働省エイズ動向委員会.エイズ動向委員会報告(http://api-net.jfap.or.jp/htmls/frameset-03-02.html)[17]。

続きはこちら>>



(5)まとめ

 以上から、日本のHIV流行は、同性間感染が先行するという低流行期の典型的パターンを示しながら、次第に集中流行期に移行しつつあり、そして、若年層を中心としながら、流行が持続している状況にあると考えられます。また、主要先進国としては例外的なAIDS患者報告数の増加は、検査体制の遅れを示唆しています。

続きはこちら>>



[17]厚生労働省エイズ動向委員会.エイズ動向委員会報告(http://api-net.jfap.or.jp/htmls/frameset-03-02.html)[17]厚生労働省エイズ動向委員会.エイズ動向委員会報告(http://api-net.jfap.or.jp/htmls/frameset-03-02.html)

 

7-(1).全体的状況 7-(2).HIV感染者報告数の動向 7-(3).AIDS患者報告数の動向 7-(4).献血血液のHIV検査陽性率 7-(5).まとめ
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS