AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

日本におけるHIV流行の現状

(1)全体的状況

  エイズ発生動向年報[17]厚生労働省エイズ動向委員会.平成23年エイズ発生動向数[17]によれば、これまで報告されたHIV感染者数とAIDS患者数は2011年末で、それぞれ、12,648人、5,799人になりました(図10)。これ以外に、HIVが混入した血液凝固製剤による感染者が1439人確認されています。

 

   


 図11. 累積報告症例の感染経路別内訳



 

 2012年の年間HIV感染者報告数は、1002人であり、AIDS患者数も、多剤併用療法が導入された1996年以降は減速しながらも増加が続き、2012年には447人が報告されています(図10)。HIV感染者とAIDS患者のいずれも、性感染(同性間と異性間)が感染経路の大半を占めています。(図23)

 主な先進国の中で、多剤併用療法の導入後もAIDS患者報告数が急減しなかったのは、日本だけで、早期発見・治療が遅れていることを示しています。国籍別に見ると、HIV感染者とAIDS患者が増加しているのは、日本国籍者であり、外国国籍者では、HIV感染者は年間100人前後、AIDS患者は50人前後で減少傾向にあります。


[17]厚生労働省エイズ動向委員会.エイズ動向委員会報告(http://api-net.jfap.or.jp/htmls/frameset-03-02.html)[17]厚生労働省エイズ動向委員会.平成23年エイズ発生動向数

 

7-(1).全体的状況 7-(2).HIV感染者報告数の動向 7-(3).AIDS患者報告数の動向 7-(4).献血血液のHIV検査陽性率 7-(5).まとめ
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS