AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

日本におけるHIV流行の現状

(2)HIV感染者報告数の動向

 図12. HIV感染者数報告数の感染経路別年次推移



   

 

  HIV感染者では、近年同性間感染の報告が急増する一方、異性間感染の報告数は緩やかに推移しており(図12)、2012年の報告数の内訳は、同性間感染が72%、異性間感染が18%となっています。





 図13. HIV感染者報告数の年齢別年次推移



   

 

  年齢別では、30歳代以外は、どの年代でも増加が続いています(図13)。



 地域別の報告数では、東京都が最大ですが、ここ数年大きく減少し近畿地方や東海地方からの増加が目立ち、また九州、北海道・東北、中・四国においても増加傾向が強まっています(図14)。  

   
 



[18]厚生労働科学研究「国内外のHIV感染症の流行動向及びリスク関連情報の戦略的収集と統合的分析に関する研究」平成21年度報告書(主任研究者:木原正博)[18]厚生労働科学研究「国内外のHIV感染症の流行動向及びリスク関連情報の戦略的収集と統合的分析に関する研究」平成21年度報告書(主任研究者:木原正博)

7-(1).全体的状況 7-(2).HIV感染者報告数の動向 7-(3).AIDS患者報告数の動向 7-(4).献血血液のHIV検査陽性率 7-(5).まとめ
<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS