AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献
まとめ

  以上のデータから、わが国は、HIV流行がより進行した国や地域に囲まれ、出入国の状況や最近の台湾での流行発生を考えれば、海外からの流行の影響に備えなければならない時期にあります

 図24. わが国のエイズに関連する社会状況のまとめ

 




 しかし、わが国では、性情報が蔓延しているにも関わらず、啓発普及が不十分なために、HIV、性感染症などの流行状況や基本的な知識が国民の間に十分浸透していません。そのために、無防備な性行動が増え、それが、若い年齢層での人工妊娠中絶や性感染症の増加、そしてHIVの増加の背景になったと考えられます。幸い、最近になって、性感染症や中絶の減少傾向が明確になってきましたが、再燃傾向が見られるため、なお注意が必要です。一方、HIV検査については、検査数は頭打ちとなっており、検査体制は不十分なため、検査を受けないままAIDSを発症する例が依然増加傾向にあり(特に同性間感染)、欧米で見られたようなAIDS患者数の激減は未だに観察されるに至っていません。

 わが国より先に、HIV流行を経験した欧米でも流行は依然高いレベルで持続、もしくは悪化して、累積HIV感染者数が年々増加しており、対策に苦慮しています。HIV流行のコントロールが難しいことを念頭に、科学的なエイズ対策が早急に確立されていく必要があります[38]木原正博他.地方自治体におけるエイズ啓発プログラムのためのガイドライン.平成17年度HIV感染症社会疫学研究班(http://api-net.jfap.or.jp/siryou/jititai_manual/h18_kihara.pdf)[38]。


[38]木原正博他.地方自治体におけるエイズ啓発プログラムのためのガイドライン.平成17年度HIV感染症社会疫学研究班(http://api-net.jfap.or.jp/siryou/jititai_manual/h18_kihara.pdf)[38]木原正博他.地方自治体におけるエイズ啓発プログラムのためのガイドライン.平成17年度HIV感染症社会疫学研究班(http://api-net.jfap.or.jp/siryou/jititai_manual/h18_kihara.pdf)

 

<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献 次へ>
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS