AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース    
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせAIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース
   

1.はじめに
2.エイズ年表
3.エイズ流行の基礎知識
3-(1).性的ネットワーク
3-(2).性感染症とHIV感染の関係
3-(3).流行期分類
4.HIV流行の世界的状況
5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状
5-(1).中国
5-(2).台湾
5-(3).香港
5-(4).韓国
6.欧米におけるHIV流行の現状
6-(1).米国
6-(2).西ヨーロッパ
7.日本におけるHIV流行の現状
7-(1).全体的状況
7-(2).HIV感染者報告数の動向
7-(3).AIDS患者報告数の動向
7-(4).献血血液のHIV検査陽性率
7-(5).まとめ
8.日本の社会的状況
8-(1).性行動に関連する状況
出荷数8-(2).性感染症、10代の中絶、コンドーム国内出荷数の状況
8-(4).出入国の状況
9.エイズ対策の状況
9-(1).検査数・相談件数の動向
9-(2).普及啓発の状況
10.まとめ
11.文献

文献

1. 木原正博、木原雅子、Zamani S.性的ネットワークと性感染症.日本医事新報 4248:7-12、2005
2. 2Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Cluster of HIV-infected adolescents and young adults-Mississippi, 1999. MMWR Sep.29,2000 /49(38);861-864
3. CDC. HIV Prevention Strategic plan through 2005. January, 2001
4. 山崎修道、木原正博監訳.エイズパンデミック−世界的流行の構造と予防戦略.学会事務センター、1998(原著:Mann J and Tarantola D. AIDS in the World I#F5FAFEI. Oxford University Press, 1996)
5. UNAIDS/WHO Working Group on Global HIV/AIDS and STI surveillance. Guidelines for second generation HIV surveillance. WHO/CDS/CSR/EDC/2000.5, UNAIDS /00.03E, 2000
6. Worobey M et al. Direct evidence of extensive diversity of HIV-1 in Kinshasa by 1960. Nature 2008; 455: 661-4.
7. UNAIDS. World AIDS Day Report 2012
8. WHO. The top ten causes of death. Fact sheet No.310/November 2008
9. 中?人民共和国?生部?合国艾滋病規?署. 2011年中国艾滋病疫情估計
10. Sun X et al. The development of HIV/AIDS surveillance in China. AIDS 2007, 21 (suppl 8):S33-S38
11. http://www.cdc.gov.tw/np.asp?ctNode=1055&mp=5
12. Chen Y-M A et al. HIV-1 in Taiwan. Lancet 2007, 369 : 623-5
13. http://www.info.gov.hk/aids/english/index.htm
14. http://aids.cdc.go.kr/home/main.asp
15. http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/index.htm
16. http://www.eurohiv.org/reports/index_reports_eng.htm
17. 厚生労働省エイズ動向委員会.エイズ動向委員会報告(http://api-net.jfap.or.jp/htmls/frameset-03-02.html
18. 厚生労働科学研究「国内外のHIV感染症の流行動向及びリスク関連情報の戦略的収集と統合的分析に関する研究」
平成21年度報告書(主任研究者:木原正博)
19. 木原雅子.10代の性行動と日本社会−そしてWYSH教育の視点.ミネルヴァ書房、2006年
20. 東京都幼・小・中・高・心障性教育研究会.児童・生徒の性2005年調査.学校図書
21. 木原雅子ほか.若者のHIV/STD関連知識・行動・予防介入に関する研究.厚生労働省HIV社会疫学研究班平成16年度報告書
22. 国立感染症研究所感染症情報センター(http://idsc.nih.go.jp/idwr/ydata/index-j.html
23. 母子保健事業団.母子保健の主なる統計.2008
24. 熊本悦明ほか.日本における性感染症サーベイランス−2002年度報告.日本性感染症学会誌2004, 15 : 17-47
25. 木原正博ほか.日本人のHIV/STD関連知識、性行動、性意識についての全国調査.教育アンケート調査年鑑上2001,94-105,2001年,創育社
26. 警察庁.平成20年度警察白書(http://www.npa.go.jp/hakusyo/h20/index.html
27. Hidaka Y et al. Substance use and sexual behaviours of Japanese men who have sex with men: a nationwide internet survey conducted in Japan. BMC Public Health 2006, 6:239.Doi:10.1186/1471-2458-6-239
28. 国土交通省.平成20年年度観光白書(http://www.mlit.go.jp/hakusyo/hakusyo.html
29. 法務省入国管理局.出入国管理(http://www.moj.go.jp/NYUKAN/nyukan53-2.pdf
30. 外務省.海外在留邦人数統計(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/
31. 山田玲子ほか.厚生労働省HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班平成19年度報告書.
32. ?島茂ほか.エイズ対策評価に関する研究.エイズ対策評価に関する研究.厚生働省HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班平成19年度報告書
33. 木原正博他.地方自治体におけるエイズ啓発プログラムのためのガイドライン.平成17年度HIV感染症社会疫学研究班(http://api-net.jfap.or.jp/siryou/jititai_manual/h18_kihara.pdf

12.情報リソース

1. 国連合同エイズ計画(UNAIDS)(http://www.unaids.org
2. 世界保健機関(http://www.who.int/en/
3. 米国疾病予防管理センター(CDC)(http://www.cdc.gov
4. 財団法人エイズ予防財団(http://api-net.jfap.or.jp
5. 国立感染症研究所感染症情報センター(http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
6. 財団法人性と健康医学財団(http://www.jfshm.org

13.連絡先

京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻社会疫学分野
国連合同エイズ計画共同センター

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
TEL: 075-753-4350 FAX: 075-753-4350





<前へ 1.はじめに 2.エイズ年表 3.エイズ流行の基礎知識 4.HIV流行の世界的状況 5.周辺国・地域におけるHIV流行の現状 6.欧米におけるHIV流行の現状 7.日本におけるHIV流行の現状 8.日本の社会的状況 9.エイズ対策の状況 10.まとめ 11.文献
ホームHIV感染の現状AIDS/STIデータベースこのサイトについて最新情報リンクお問い合わせ
Copyright c 2009 厚生労働科学研究エイズ対策研究事業 HIV感染症の動向と影響及び政策のモニタリングに関する研究班

 

UNAIDS